陶と家

toutoie.exblog.jp ブログトップ | ログイン
    

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

再開

この間サムゲタンの会でおじゃましたお宅には、
以前 私の展覧会で購入していただいた土の鍋もあって 久しぶりの再会。
c0207982_82515100.jpg


この2年の間に美味しいもの達が順番に浸み込んで 本体の持ち手の土の部分がいい色に変わっていた。
焼きあがったばかりの時は、まっさらで綺麗だけれどもなにか物足りない気がするので、
こういう姿を見せて頂けることは本当にありがたくて
使われるってこういう事だなと実感する。

少しずつそのお家の色になっていくのかなと思う。


この日は中にニラのチゲが。
丸鶏の入った土鍋と並ぶとこんな感じに。
c0207982_846684.jpg


とってもお料理上手な方なので、2種類の鍋の特性をつかんで
普段からうまく使い分けされている所がさすがです。


それにしても まじまじと眺めてしまう。
手元から離れて時間が経つのでつい余計に。
もう少し安心感があればいいかな。
by toutoie | 2013-02-24 09:01 | 陶器

サムゲタンの会

先日 美味しいお誘いを頂いて行ってきました。
その名も「サムゲタンの会」

錦市場で仕入れてもらった丸鶏のお腹に サムゲタン用の漢方と
しょうが・にんにく・もち米を詰めて土鍋でコトコトと。
私は初めての体験。
c0207982_1173389.jpg


c0207982_1181215.jpg





そのお宅にあったこの土鍋は、しっかりと厚みと重みがあって
長時間の煮込みにも耐えられるし、
蓋にも高さがあるので 熱と蒸気がうまく対流して
2㎏ほどの丸鶏でも十分受け入れ可能。
信州旅行の際に購入されたという思い出の品とのこと。

圧力鍋もいいけど、この土鍋でじっくり火が入る状態が
さらに美味しくなるコツかもしれない。



c0207982_11104751.jpg



土鍋の中には水を加えるだけ。
鶏のお腹の中に塩コショウのみ。


c0207982_11315838.jpg






2時間ほど煮込むとお肉がホロホロに。
本当は これ以上に長い時間かけて煮込んで置いてすると
更にとろみがついて味が浸みこむそう。
でもこの状態でも最高!



鶏のうまみと漢方の風味が体に染み渡る感じ。
温まる。
c0207982_11382852.jpg









これは病みつきになりそう。是非一度自分でも挑戦してみたい。

この日はサムゲタンの他にも初体験の韓国食材を色々といただいて
どれもこれも好きな味で興味津々。
そして改めて土鍋の魅力にも感動し、気持ちとお腹いっぱいの楽しい会でありました。
by toutoie | 2013-02-10 12:08 | その他

持ち手いろいろ


カップの持ち手を作る。
本体が少しずつ違うので、持ち手もいろいろ。
c0207982_2242990.jpg


c0207982_224233100.jpg


by toutoie | 2013-02-06 22:43 | 陶器

ごはん

最近よく耳にするブランド米。
自分では買ったことがなかったけど 滋賀のミルキークイーンというお米を頂いた。
土の鍋で炊いてみたらモチモチしててすごく美味しい! 
c0207982_23192057.jpg




しっかりおかわりしました。
ごちそうさまでした。
by toutoie | 2013-02-04 23:23 | その他

ありがたい気温

今日は暖かい。
冬なのに15度を越えていくような時もあるさー という感じです。 (誰か分かりますかね・・・)
土も冷たくない!
c0207982_19464954.jpg
by toutoie | 2013-02-02 19:49 | 陶器