陶と家

toutoie.exblog.jp ブログトップ | ログイン
    

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

また来年も


今年も残すところあと1日となりました。
一月の展覧会に始まり、この一年は私にとってとても内容の濃いものでした。

お世話になった皆さま 心よりお礼を申し上げます。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございました。


三歩進んで二歩下がって、また一歩下がって一歩進む。

私のペースではかなり時間かかりますが、
来年からもひとつずつ どうぞよろしくお願いいたします。

c0207982_2223017.jpg
by toutoie | 2010-12-30 22:39 | その他

冷たい


寒い寒いさむいです。
作業場の温度は10度。
土・水・釉薬・道具 全部 冷たい。

あー冷たい
なんとかしなければ。
by toutoie | 2010-12-27 17:57 | その他

いろいろな白

c0207982_1884150.jpg








昨日は自前の鍋を持参して、豆乳鍋をご馳走になってきました。

豆乳なら 赤土の濃い色の鍋の方が合うと思っていましたが、
予想外に白土の鍋がよく合っていた。

鍋の白
豆乳の白
お豆腐の白
レンコンの白
大根の白

寒い夜に やわらかくて暖かい。

その白に鮮やかな緑が入ってハッとする。
ごちそうさまでした。




ハッとした瞬間がご覧になりたい方は、是非こちらでどうぞ
豊かに暮らしたい+働きたい ← をクリック!





 
by toutoie | 2010-12-11 18:19 | 陶器

蓄音機とその時間

チャリティーコンサートで蓄音機の音を聞く。
窓からの日差しが夕暮れに移り変わって とても静かないい時間だった。

いのちのことを少し考えた。
音楽が支えになることもあると思う。
c0207982_1612376.jpg


























社会福祉法人 京都いのちの電話 2010チャリティーコンサート
いしいしんじの「ほんとうのレコード」と蓄音機の会

http://www.mao55.net/gohan/chikuon_tirasi.html


針を変える ハンドルを回す
その1曲を聞くために行う作業。
そして 想いと反して 聞けば聞く程に擦り減っていくレコード。

その音に耳を澄まし 各々が想いを巡らせる時
会場はひとつになっているような気がした。




帰り道、ふと頭をよぎったのはカセットテープ。
私はカセットテープのあのキュルキュルいう音やガッシャン という音も好きです。
by toutoie | 2010-12-07 16:04 | その他

大きな門

今日はこの空と大きな大きな門に 救われた。
いい場所だった。
c0207982_0155454.jpg
by toutoie | 2010-12-05 00:24 | 展覧会

テーマ曲

c0207982_0185849.jpg



















私の場合、器の展覧会の会場は基本的に無音でいいと思っている。

ただ、例えばひとりきりで会場に入る時、
その時の状況や雰囲気によっては
あまりにも静か過ぎると 居心地が悪くて落ち着かない。

会場のgallery Casa de Bananoは、比較的小さな空間で人との距離が近い という事もあり 
一応会場で流す音楽を準備することにしたのですが・・・


イメージに合う曲を後から探すという事は なんと難しい事でしょうか。
なかなかどうして見つからないものです。



そしてギリギリ 展覧会1日前に思いついたのがこれ。
なんとなく暖かい場所へ帰ってきた そんなイメージです。
会場ではホントにホンとに最小限の音で。

Louis Armstrong - Hello Dolly
http://www.youtube.com/watch?v=Tp4PbwqNdwo&feature=related
by toutoie | 2010-12-04 17:37 | 展覧会

終了しました

「土の鍋とそのつづき」 お陰さまで終了致しました。
展覧会にお越しいただいた皆さま 本当にありがとうございました。

展覧会前にひいた風邪が治りきらず、体は元気なものの全く声が出ず・・・
お聞き苦しい声での説明など 誠に申し訳ありませんでした。


会期中に全く更新できませんでしたが展覧会の様子です。


おなじみgallery Casa de Banano
作っていただいたポスターにも鍋が堂々と登場しています。
c0207982_21235948.jpg



















会場内の様子
c0207982_21271661.jpg































今回は数人で囲んで頂けるよう大きめサイズの鍋です。
c0207982_21292582.jpg

























今回は特に、フタの取手や持ち手になる胴体の張り出しを強調。
c0207982_21311889.jpg





















今年1月の展覧会でCasa de Banano のオーナーさんに購入していただいた鍋を使って
サツマイモのはちみつレモン煮を。
少しですが来られたお客様にも。
c0207982_21491721.jpg



















レーズンと一緒に食べると美味しかったです。
c0207982_21495681.jpg














庭のバナナ(芭蕉?)の木はさらに大きくなったような。
c0207982_2158778.jpg












土日は紅葉も見頃とあって、目の前の白川沿いは賑やかでした。

鍋はやはり手強い相手です。
「そのつづき」はどうやらまだまだ 続くことになるようです。


またどこかで。
本当にありがとうございました。
c0207982_2282265.jpg
by toutoie | 2010-12-03 22:00 | 展覧会