陶と家

toutoie.exblog.jp ブログトップ | ログイン
    

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

監督

c0207982_22161918.jpg

猫の名は銀次郎
彼は一日の大半を寝て過ごしますが、
昼寝から起きると いつも 必ずと言っていいほど
作業場にチェックにやって来る 影の現場監督です。
(本当はおやつが欲しいだけです)

最初は台の上や棚にのぼって じっとこちらを見ていますが、
ふと見ると いつもこんな状態に

監督・・・
by toutoie | 2009-10-26 22:13 | その他

目が覚めた


本焼き後の窯出し

体が凍りつきました
とんでもない失敗
失敗というか・ ・ ・ 甘かった

おかげで目が覚めました
by toutoie | 2009-10-21 00:26 | 陶器

不思議な実

c0207982_12335744.jpg

あけびを頂きました
形も味もすべてが不思議です。

皮は肉詰めにしたり、味噌と炒めたりして
食べると美味しいそうですが
まだ挑戦したことがありません。

どんな味なんだろう
by toutoie | 2009-10-20 12:40 | その他

陶のスタディにて私がスタディ


c0207982_17451336.jpg知人が仕事で器のデザインをする(予定)とのことで
事前に自分も陶芸を体験してみたいと
我が家へ来られました。

その方は建築家でもあり写真家でもあります。
興味深いお仕事の内容はこちらをクリック↓
「豊かに暮らしたい+働きたい」
http://parammm.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-58ca.html

(今日の体験についても紹介されています)

今回は、どういったものをサンプルとして作りたいか
どういう体験をしてみたいか という事がとても明確だったので、
思ったよりスムーズに作業が進んでほっと一安心。

というのも、今まで陶芸教室や陶芸体験の手伝いをした
経験があるのですが、ありとあらゆる理由から
自分には向いていないな と感じ、しばらく遠ざかっていたのです。

陶芸自体難しいことはなく、粘土遊びができれば誰でも楽しめると思うのですが、
やはり形を残すという事になると注意しなければならない点が。
人によっては、ずっと傍について一から十まで言って欲しい人と
ポイントだけ教えてもらって後は自由に作りたいという人など 様々。

体験ともなれば、限りない時間の中で「楽しかった」と思ってもらえる事が重要なので、
その人がどういうタイプでどうサポートをすればいいか それを掴み取ることが私には難しいのです。

要望に応えるだけの広い知識と技術を持っていない事ももちろんですが、
まずその人とどうお付き合いするか。 エネルギーが要ります。

でも今回、改めていい事も思い出しました。
自分が経験のない方法や、考えた事もなかった事を
サポートする立場ながら教えてもらえることもあるのです。
これは本当に素晴らしい!
勉強になった一日でした。
by toutoie | 2009-10-13 18:15 | 陶器

食べる時間

c0207982_10581211.jpg
食べることが好きです。
(といっても、特にグルメ という訳ではありません)
美味しいものは好きですが、
ただ食べ物そのもの というよりは、
それを食べる時間が好きなのかも。

そして私の場合、その時間を共有する相手がいる
ということはかなり重要です。
ひとりでは、準備も盛り付けも片付けも
ましてや外に出る(食べに行く 買いに行く)ことすら
面倒になります。

ひとり暮らしが長かったからでしょうか
誰かと食べると さらに美味しいと思うのです。
by toutoie | 2009-10-02 09:30 | その他