陶と家

toutoie.exblog.jp ブログトップ | ログイン
    

カテゴリ:陶器( 71 )

作業台の上で

「おい ついててやるからちゃんと仕事せいよ」 と言わんばかりに作業台の上
c0207982_21563420.jpg





病院に連れていってから10日ほどが経った。
あとは本人の好きなように 見守るのみの日々となっている。

具合が悪い時 静かにしたい夜もここへ。
まだなんとか自分で上がることができます。







追記: 作業場の相棒として何度も登場していた 我が家のネコ銀次郎が、
     5月末に旅立ちました。
     ここ数年は、私が子守りをしてもらっていたと言っても過言ではありません。
     もうそろそろ一人で頑張ってやりなさいと きっとそういう事なのでしょう。
    
     慣れるまでは寂しいですが、大丈夫。 頑張ります。
by toutoie | 2013-05-21 22:23 | 陶器

本焼き

乾燥・素焼きを経て、釉掛けされた真っ白な器達は窯の中へ。
今日は本焼き。
c0207982_1424634.jpg


by toutoie | 2013-03-01 10:11 | 陶器

再開

この間サムゲタンの会でおじゃましたお宅には、
以前 私の展覧会で購入していただいた土の鍋もあって 久しぶりの再会。
c0207982_82515100.jpg


この2年の間に美味しいもの達が順番に浸み込んで 本体の持ち手の土の部分がいい色に変わっていた。
焼きあがったばかりの時は、まっさらで綺麗だけれどもなにか物足りない気がするので、
こういう姿を見せて頂けることは本当にありがたくて
使われるってこういう事だなと実感する。

少しずつそのお家の色になっていくのかなと思う。


この日は中にニラのチゲが。
丸鶏の入った土鍋と並ぶとこんな感じに。
c0207982_846684.jpg


とってもお料理上手な方なので、2種類の鍋の特性をつかんで
普段からうまく使い分けされている所がさすがです。


それにしても まじまじと眺めてしまう。
手元から離れて時間が経つのでつい余計に。
もう少し安心感があればいいかな。
by toutoie | 2013-02-24 09:01 | 陶器

持ち手いろいろ


カップの持ち手を作る。
本体が少しずつ違うので、持ち手もいろいろ。
c0207982_2242990.jpg


c0207982_224233100.jpg


by toutoie | 2013-02-06 22:43 | 陶器

ありがたい気温

今日は暖かい。
冬なのに15度を越えていくような時もあるさー という感じです。 (誰か分かりますかね・・・)
土も冷たくない!
c0207982_19464954.jpg
by toutoie | 2013-02-02 19:49 | 陶器

メモする

歩いていたりなんかして、気になった事とか いいかもと思った事とか
以外にたくさんあるのに気が付くと忘れている。

そしてまたふっと思い出して、そうそう前も思ったよな と思い出すことが
この頃よくあるので、なんだかもったいないなと思い
とりあえず なるべくすぐメモしてみることにした。


1月11日のメモ
リス
透けた紙に馬
雪ぞり  山伏
高台と柄
ぺったんこ 石膏
うさぎ
オーナメント

1月14日のメモ
コンバース紫
さかな皿しましま
グラタン
レリーフ

外にいる時は、キーワード的に携帯に打ち込んでおいた。
今のところ、関連して何を思ったのかはまだ思い出すことができる。
形になって現れますように。
by toutoie | 2013-01-15 10:43 | 陶器

焼きあがった器の裏を研いで乾かす
c0207982_2151593.jpg


梱包、包装の前に箱を組み立てる
c0207982_22534875.jpg


箱に詰めていく
c0207982_21154826.jpg


包装しながら、
ふと向こうに置いていた見本の箱を見る

c0207982_2119622.jpg
ん?

c0207982_22564846.jpg

あー


c0207982_22593818.jpg


あーそうなりますか。
by toutoie | 2012-10-13 21:29 | 陶器

お隣さん

本焼きの時、隣どうし触れてはならない。
c0207982_15404314.jpg



















窯詰めの時の緊張感は嫌いではない。
by toutoie | 2012-09-21 15:43 | 陶器

勉強会のつづき

c0207982_2020588.jpg





勝手に載せてすみません・・・
後ろ姿ということで・・・





私の大好きな先生。
先生には短大の時、卒業した後、その後の仕事とその他にもいろいろ
大変お世話になりました。


先生に出会って、大げさでなく 私の考え方は本当に大きく変わったと思う。
硬い硬い硬いアタマがずいぶんと緩んだ。
もし会わないでいたら、今頃私はどうなっていたんだろうか。

いまでも 先生に会えると嬉しい。元気になる。
そんな人が、私以外にも大勢いるはず。



それでも、
作っている物に対しては ちゃんと感想をもらえたことが まだない。
いつか言ってもらえるようになろうと思う。
by toutoie | 2012-09-13 20:41 | 陶器

大人になっても

真剣に学び 真剣に遊ぶ  大人たちを知っています。
c0207982_2254526.jpg

















以前仕事していた ある大学の通信教育部の卒業生の方々です。
この日はお祝いの集まりの前に、しっかりと催された久しぶりの勉強会。

入学された15年ほど前、20代~60代くらいの方がみんな同じ1回生となり
始めは不思議な空間でした。

それが次第に面白い関係性となり、みんなが集まれば
同じ釜の飯を食った仲間とばかりに賑やかに。




こんな大人の先輩方を見ていれば、私なんてヒヨコのヒヨコっこ。
まだまだなのです。
by toutoie | 2012-09-13 20:09 | 陶器